あっ今ブッたでしょ、コブ出てきちゃった

アクセスカウンタ

zoom RSS アトランティスの偉大な王「トス」

<<   作成日時 : 2009/09/15 20:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

<アトランティスの偉大な王「トス」>第148回2009年9月15日
  はいこんにちは。
  今回は、今から約1万2千年前にアトランティス大陸に転生した、偉大な王「トス」についてご説明しましょう。前回、エル・カンターレの意識体の一部が肉体を持って生まれてきたのは、1万7千年前のムー大陸の時代の「ラ・ムー」でしたから、約5千年の時を経て、再びエル・カンターレは地上に肉体を持って生まれてきたことになります。

2.天才指導者「トス」
  今から、1万2千数百年前に、地球霊団最初の九次元大霊エル・カンターレの、その意識体の一部が再び肉体を持ってアトランティス大陸に生まれました。
  アトランティス大陸とは、今から7万5千年ほど前に、巨大な海底火山の爆発をきっかけとして、現在の大西洋の中ほど、バミューダ海域と呼ばれるところを中心に、もとは英国ぐらいだった島が浮上してできた大陸です。
  アトランティスという意味は、「輝ける黄金のシャチ」という意味があります。
  偉大な王「トス」は、アトランティスに総合文化を築いた指導者でありました。宗教家であり、政治家、科学者をはじめ、芸術家、教育者とあらゆる分野に秀でた超天才でありました。それゆえ、「全知全能の主トス、大導師トス」と呼ばれていました。
  トスはエル・カンターレの魂の兄弟のなかでも特に「知性」の面で秀でた存在として生まれました。トスの時代には、科学技術は現代文明の水準を超える部分がありました。
  それは、ムー文明を引き継いだピラミッドパワーを動力源とする、クジラ型の飛行船やシャチ型の潜水艇もあったのです。

  トスの教えの特徴は、「人間は心の開拓によって、いくらでも能力を引き出すことができる」という自己実現の法や、神の偉大性、徳による政治の原理などを説くとともに、自らその教えを体現し、人々に深く尊敬されておりました。その心は、政治の面でもよく現われています。

  トスが行った政治の特徴とは、以下のものが挙げられます。
@徳治政治の原理と、合理主義と効率主義をまぜ合わせた原理を使っていた。
A 徳のある者を人の上に立てるとともに、効率的な運営を追及するという、西洋合理主義の原点のような政治を行っていた。
B単に徳がある人を登用するだけではなく、徳がある人に適材適所を与えていくことによってやる気を引き出し、効率を上げていく方法をとっていた。

  トスが没した後、今から1万4百年ぐらい前(紀元前8千4百数十年)に、アトランティス大陸はすべて海中に没するわけですが、トスの偉業は、アトランティスの末裔によってエジプトの地に伝えられ、エジプトでは、全知全能の神・トートと呼ばれるようになりました。トート神は、智慧の神、学問・技芸の神、善悪を分かつ神として崇められております。
  エジプトのピラミッドは、トスの千数百年後に生まれ出たアガシャー大王(キリストの転生の姿)の長男・アモン二世が伝えたものです。
  このアモン二世は、エジプトに逃れ、アモン・ラー伝説の起源となります。この地で、太陽信仰をはじめることになるのです。エジプトのピラミッドの原型は、アモン二世が伝えた知識にその源を発するものです。

  それでは、なぜアトランティス大陸が海中に沈んでしまったのでしょうか。
  それは、トスの時代には、心の重要性を教えていたため、最高度に文明も文化も発展し、人心も落ち着いておりましたが、トスが天上界に還り、千年もの時がたち、段々と唯物論がはびこってまいりました。そこへ、イエス・キリストがアガシャーという名前で肉体を持って生まれてきて、愛の教えを説いたわけでありますが、時はすでに遅く人心は乱れ、唯物論の者たちが、こともあろうに、アガシャー大王をはじめ一族の人たちを生き埋めにして殺してしまいました。九次元大霊を殺戮したのであります。
  長男であるアモン二世と一部の人達が、かろうじて飛行船でエジプトの地に逃れたたため助かりました。
  その結果は、お分かりでしょうか。
  地球十次元大霊は、この文明は不要なものとして、アトランティス大陸ごと海に沈めてしまったのです。後のイスラエルの民が、二千年もの間国を追われ流浪の民となったり、ヒトラーにより大量虐殺にあったのは、イエス・キリストを殺害したからでありました。やはり九次元大霊を殺害したからでした。

<コメント>
  どうもイエス・キリストの生涯は、殺害されることが多いようです。
  キリストは、この他にも地上に肉体を持ちましたが、やはりこの世の現象的には悲劇的な最後を迎えることになりました。
  どうも、イエス自身が、後世の人間に、人々の思いや行いに対する結果を教えるためか、そのような計画を立てて生まれてきているように思います。自己を犠牲にしてまでも、その教えを通じて人類を救わんとしているように思います。
  また、大陸は海中に没しましたが、一部の文明や「風習」はリレーのように受け継がれているのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アトランティスの偉大な王「トス」 あっ今ブッたでしょ、コブ出てきちゃった/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる