手足のないチアリーダー

第267回2011年10月15日 はい、こんにちは。 今回は、手足のないチアリーダー、佐野有美さんのお話です。 ご存知の方も多いことと思いますが、このヒデさんは最近TVで知って、本当にビックらこきました。それはまるで天使のようでした。いや、ヒデさんは思いました。 天使そのものです。飽食の時代に現れた天使です。 1.壮絶な幼少期 有美さんが生まれて、その姿を見たとき、ご両親はさぞび…

続きを読む

マスコミによる報道被害

第259回2011年7月31日  はい、こんにちは。  民主党政府による政治災害も国民を不幸に叩き落す原因でありますが、マスコミによる報道被害も経済や国民生活を落とし込む原因であります。  今、マスコミによる報道被害が政治災害と併せて日本経済をさらに落とし込もうとしています。 1.マスコミにとっての報道とは食い扶持だ   日本のマスコミにとって、報道とは自分たちの食い扶持(ぶち)で…

続きを読む

民主党政権による政治災害

第257回2011年7月17日  はい、こんにちは。あぢい!暑いです。  今回も世間を騒がせている放射能のお話です。  いやはや、福島の原発事故を受けて、どんどんと日本中の原子力発電所が止められています。一方で今夏も暑く、日本中の節電対策強要と相まって、熱中症でバタバタと人が倒れています。  経済界は、民主党の道筋なし電力政策に嫌気をさし、4割の企業が日本国内から海外へ生産・研究拠点を移…

続きを読む

義援金配布が遅い日本赤十字社の体質

第256回2011年6月26日  はい、こんにちは。  世間では、「なぜもっと早く義援金を配布しないのか」の問題で、日本赤十字社が叩かれています。ネットでこの問題を検索してみると、民間NPOを含めて、まあ、お互いに醜い非難合戦をしています。  今回は、日赤はなぜ集まった義援金をすぐに配布しないのか、その原因を書いてみたいと思います。 1.日本赤十字社の体質  日本赤十字が集めて配布…

続きを読む

放射能という魔女狩り

第255回2011年6月18日  はい、こんにちは。  今、さかんに政府やマスコミ、一部の学者たちは、放射能の危険性を訴えて国民全体を振るえあがらせています。  高線量域を除いて、本当に人体に影響があるレベルなのでしょうか。 1.犠牲となった動物たち  3月11日の福島第一原発の事故を受け、菅首相は当初、周辺住民に避難指示や自主避難を要請しました。4月には半径20km圏内を警戒区域…

続きを読む

放射能汚染の嘘

第248回2011年4月10日  はい、こんにちは。  放射能汚染にかかわる風評被害が猛烈な勢いでマスコミから喧伝され、その被害は漁業関係者や農業従事者に多大な被害を与えています。現在の放射能の汚染レベルは、本当に有害なのでしょうか。それは頭の悪い原子力関係の専門家と言われる研究者が、何の実証された根拠もないままに言っていることです。  今回、環境医学と免疫学で国際的に有名な、東京大学の稲…

続きを読む

人間であることの条件

第245回2011年3月19日   はい、こんにちは。今回も大震災の核心に関するお話です。   前回までは、なぜこのような大災害が起こるか、その直接の原因をお話してきました。今回は、それでは、どうすればよいかという核心のお話です。 <プロローグ>    今回の大震災の直接の原因は、「間違った思想を持った左翼政権が日本を牛耳る時に大地震という警告が起きた」ということです。すなわち、阪…

続きを読む

アトピー性皮膚炎が治ったのだ

第241回2011年2月12日   はい、こんにちは。   今回はころっと話を変えまして、アトピー性皮膚炎のお話です。   この病気で、苦しんでいる方々が大勢います。お子ちゃまも多いのです。   さて、なんでこのような病気になるのでしょうか。 1.アトピー性皮膚炎になる方の心の傾向性    アトピーはアレルギー反応の病気と言われています。   しかし、その根本原因は人間関係に…

続きを読む

動きだした小沢氏

<動きだした小沢氏>第233回2010年12月12日   はいこんにちは。   民主党政権は、「反小沢」を明確にして政権浮揚にやっきとなっています。いよいよ小沢氏の国会招致に動き出しました。   一方小沢氏は、「バーカ!」と言って、9月の代表選に次いで本年度2度目の「カン蹴り遊び」をはじめました。民主党の中では、既に次の選挙に備えて既に動き出している議員もいます。さあ、年末から年始にかけて…

続きを読む

障害を持って生まれてくる本当の意味

<障害を持って生まれてくる本当の意味>第224回2010年9月18日   はいこんにちは。   世の中には、生まれつき障害を持ってくるお子様がいます。それは、遺伝なのでしょうか、それとも、他に何か原因があるのでしょうか。   再誕の仏陀は、その真実を、霊的な面から説明してくれました。 1.過去世からの宿題   今回は、カルマがテーマになります。まず、はじめに、「カルマとは何か」とい…

続きを読む

左翼過激派が牛耳る民主党政権

<左翼過激派が牛耳る民主党政権>第221回2010年9月3日   はいこんにちは。   現在の民主党政権は、左翼過激派が占拠している事実にお気づきでしょうか。   この誤った思想を持った悪魔たちの、危うい日本の舵取りをお知らせしましょう。 1.左翼過激派に占拠された現政権   民主党において、左翼のイメージが強い方と言えば、日教組をバックにした輿石東参院会長ですが、いえいえ、まだい…

続きを読む

自ら悪霊を呼び込むタイプの人

<自ら悪霊を呼び込むタイプの人>第217回2010年8月18日   はい、こんにちは。   世の中には、自ら悪霊を呼び込む心を持っていることを知らないで生きている方が多いものです。その辺にゴロゴロいます。悪霊を呼び込むとどうなるかと言いますと、憑依という現象が起こります。悪霊に憑依されたら、あなたの体が悪霊に乗っ取られます。さあ、大変です。あなたの人生はめちゃめちゃとなって、地獄行きの特急列…

続きを読む

現代のエクソシスト-その2

<現代のエクソシスト-その2>第215回2010年8月2日   はい、こんにちは。   今回は、エクソシスト(悪魔祓い師)の第2回目です。 1.世の中が暗いときこそ「明るい心」を持て   不況の時期に入ると、会社が潰れることは数多くあります。次から次へと、大手や名門の会社が潰れていきます。   そのような事態に巻き込まれた場合には、人のせいにし、恨む心が出てきます。確かに、環境その…

続きを読む

現代のエクソシスト-その1

<現代のエクソシスト-その1>第214回2010年7月30日   はい、こんにちは。   昔、「エクソシスト(exorcist)」という映画がありました。   これは日本語に訳しますと、「悪魔祓い師」という意味です。なぜこのような人が現実にいるのでしょうか。それは現代においても、かなりの人たちが、悪霊(あくれい)、悪霊(あくりょう)、悪魔といった存在の影響を受けており、人生をだめにする人が…

続きを読む

森林崩壊の危機

<森林崩壊の危機>第175回2010年1月16日   はい、こんにちは。   今回は、地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素を吸収してくれる森林のお話です。森林を適正に管理していないために、その「しっぺ返し」が皆さんに降りかかっております。「ふぇっくしょん!」 1.森林崩壊の危機   皆さん、現在の日本の林業の現状をご存知でしょうか。   日本の現状は、植えてから40~50年で、直径…

続きを読む

杉の大木のつぶやき

<杉の大木のつぶやき>第174回2010年1月11日   はいこんにちは。   今回は、よく神社などに存在する、杉の大木のつぶやきです。中には樹齢千年以上というすごい杉の大木があります。永年、人間たちを眺めてきた大杉たちは、いったい何を思っているのでしょうか。   わしゃあ、もう、かれこれ1700年ぐらい生きとるじゃろうかのう。 しかし、この日本には色々なお祭りがあるが、なんと賑やか…

続きを読む

ボケ!

<ボケ!>第165回2009年12月3日   はい、こんにちは。   別にあなた方に対して言っているわけではないですよ。   年をとってからボケる方が多くなってまいりました。この脳や血管系の病気は死因として三番目に多いそうです。さて、ボケを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。 1.ボケる人かボケない人かの基準   「そんな基準あるんかい」と思われるでしょうが、実はあるんですねえ。 …

続きを読む

ガンになりやすいタイプの人

<ガンになりやすいタイプの人>第164回2009年11月28日   はいこんにちは。   現在、病気になって亡くなる方の第1位はガンであります。次に多いのは心臓病、第3位は脳や血管系の病気、いわゆる高血圧になり、脳溢血などで倒れるというものです。さて、今回は、病死原因で一番多いガンで亡くなる方のタイプと言いましょうか、どのような人がなりやすいのか、その心の傾向性をお話してみたいと思います。心…

続きを読む

脳死による臓器移植の真相

<脳死による臓器移植の真相>第163回2009年11月23日   はいこんにちは。   今回は、現代医学の進歩と見られる、臓器移植の霊的な影響をお伝えします。 1.脳死者は臓器をとられて怒っている   現代の医学は、進歩はしているのですが、その反面の問題点があります。   唯物論教育を受けた医者からみれば、「臓器をもらえば助かる人がいるのだから、死にかけている人、あるいは死んだ人か…

続きを読む

酒乱の父がやっと死んだ!

<酒乱の父がやっと死んだ!>第162回2009年11月21日   はいこんにちは。   世の中には、拒食症になってガリガリに痩せている人や、過食症になって苦しんでいる人達がいます。また、酒乱の父が死んで、家族がホッとした矢先、家族の一人が酒乱になったお話です。さあ、大変です。・・そんなことしゅらんワ。 1.拒食症や過食症の霊的な原因   先祖…

続きを読む

花粉症というツケ

<花粉症というツケ>第104回2009年2月17日   はい、こんにちは。   まだインフルエンザの脅威が冷めやらぬうちに、もう花粉症の季節がやってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか? 1.あーつらい   ちまたでは、花粉症の方が増えてまいりました。私の会社でも、「花粉がやばいな(男性A)」という会話が多くなってきました。山手線の電車の中でも、「びぃえーっくしょん!(女性…

続きを読む

世間を騒がす大麻吸引者たち

<世間を騒がす大麻吸引者たち>第102回2009年2月11日   はい、こんにちは。   世間では、大麻問題で「ワあワあ」騒いでおりますが、これはストレスがもたらす現象なのでしょうねえ。   今回は、この辺のストレスについて書いてみたいと思います。   非常にまじめな内容です。 1.大麻吸引者の問題   現代社会の“ひずみ”としまして、今世間を騒がせている問題の一つである「大麻吸…

続きを読む

身体を壊したハマチの癒し方

<身体を壊したハマチの癒し方>第98回2009年1月26日   はい、こんにちは。   若いうちは頑張れても、ある程度年齢と無理を重ねてきますと、身体を壊す人がいます。特に営業系統の方は、ストレスが溜まっています。ご主人の身体が壊れる前に、対応するのが賢い奥様です。 1.営業系の人はストレスが多い   このヒデさんも、営業ではありませんが、若い頃、(今でも若いですが・・・)胃潰瘍…

続きを読む

エイズ、インフルエンザ等の意外な正体

<エイズ、インフルエンザ等の意外な正体> 第41回 2008年8月7日   こんにちは。   今回は、エイズ、インフルエンザ等の意外な正体をお話ししてみたいと思います。   エイズ・ウィルスは1980年代前半に発見され、急速に広まりました。今でも治療方法が発見されておらず、難病の病気として恐れられています。   一時代前は、ペスト菌やコレラ菌が世界中に広まり、その結果、大…

続きを読む

うつ症状に悩むあなたへ

<うつ症状に悩むあなたへ> 第40回 2008年8月4日   おばんです。しばらくのご無沙汰でした。  ヒデさん、忙しい目にあってましたです。すんまそん。   現代は結構うつ症状、プチうつ症状の人達が多いのにびっくりしました。   そこで今回は、その霊的な目からみた原因と対策について、お伝えしようと思います。 <原因>    うつ状態は、いわゆる霊的な影響を受けている場…

続きを読む

癌に苦しむ人々へ

<癌に苦しむ人々へ>第32回2008年7月12日   はい、こんにちわ。  今回はね、人間の体の不思議さについてお話してみたいと思います。   7月10日のTVで、何チャンネルでしたかね、「チビッコ天才児」の内容をやっておりました。すごかったですねえ。そのチビッコ達。数字の天才とか音楽の天才とか、記憶力の天才など、いや~、ヒデさん感動しました。その中の最後の方でね、「アンビリーバブル…

続きを読む

学校のいじめ問題を切る!

<学校のいじめ問題を切る!> 第23回 2008年5月24日   はい、こんにちは。忙し~い!ヒデさん非常に忙しいです。(休みくれ!) 会社で、てんてこ舞しているヒデさんであります。頭が「ぱっぴぷぺぽ~」の状態であります。昔、1粒で2度美味しいというキャラメルがありましたけれど、   それと真逆で、1日で2~3日分働いたという感じ。(休みくれ。)   はい、愚痴ってないで、本日の…

続きを読む

憑依される人々

<憑依される人々>第6回 2007年9月29日 はい、しばらくのご無沙汰です。私ね、すごく忙しかったのですよ。  今回は悪霊に憑依された人々のお話をしたいと思います。  ここ10年前頃から、特に異状犯罪が目立ちますよね。例えば、小学校を異常者が襲い、まだ幼い子供達を多数殺めてしまったとか、なんの怨恨もないのに通りすがりに刺されたとか、数限りなく理由の判然としない犯罪が連日のように報道される…

続きを読む

乳ガン、子宮ガン、子宮筋腫はなぜできるの?

<乳ガン、子宮ガン、子宮筋腫はなぜできるの?>第5回 2007年4月30日 はい、またまた今日は。 今回は女性の病気で多い乳ガン、子宮ガン、子宮筋腫がなぜ発生するかのメカニズムをお話したいと思います。 前回「家に帰りたくない症候群」でもお話しましたが、夫婦の葛藤ってのは結構多いもんでございます。 長年その葛藤を続けていればですね、奥様の方はなんとかして夫に振り向いてもらおうと潜在意識…

続きを読む

やせるぞー!狩猟民族になるぞ~お!

<狩猟民族になるぞ~お!>第2回 2007年3月21日  はい、皆さんこんにちは、ヒデさんです。 今回のタイトルはすごそうですけど、別にライオンとっ捕まえて食べようってんではないんですよ。 人類はね、数十万年以上に亘って狩猟採集者として生きてまいりました。その間からだはそれに適応するようになりました。山野を歩きまわり、体中の運動器を使って食物得るという生活をしてきました。 毎日ね、決…

続きを読む