野田総理の本心

第266回2011年10月11日 はい、こんにちは。 今回は、未だどのメディアもつかんでいない、野田総理の本心をエル・カンターレが野田総理の守護霊から直接聞き出しました。守護霊とは本人の魂の兄弟であり、考え方も本人とそっくりなのです。 野田総理の守護霊は、呼び出されるのをすごく嫌がっておりました。それはそうです、考えていることがバレてしまうからです。 1.政治は格闘技   あのね、…

続きを読む

いよいよ中国の暴発が始まる

第264回2011年9月10日  はい、こんにちは。  今回は中国のお話です。いよいよ中国は危なくなってきました。暴発です。  それはなぜでしょうか。今回はこの理由に迫ります。 1.驚異的なインフレが止まらない  中国の物価の高騰が止まりません。特に食品の上昇率は著しく、7月の食品価格は全体で14.8%も上昇しました。豚肉などは何と、56.7%という驚異的な数値であります。  8…

続きを読む

菅直人を逮捕せよ!

第263回2011年8月30日  はい、こんにちは。  やっと辞めた菅直人、しつこかったですねえ。  辞める間際に“イタチの最後っぺ”を放ちました。  それは、菅直人首相が退陣直前、無責任にも新しい首相の判断も待たずに、「朝鮮学校への高校授業料無償化」を適用する手続きの再開を指示しました。  それはなぜなのでしょうか。今回はこの辺りをツンツンします。 1.国家的犯罪者「菅直人」 …

続きを読む

猫の元祖は宇宙から来た

第262回2011年8月21日  はい、こんにちは。  今回は、信じられないような宇宙人のお話です。  今回もまた、エル・カンターレの宇宙人リーディングによって判明しました。  しかし、宇宙の生命の不思議さが分かる内容です。  地球における生命の多様さも分かります。 1.ゼータ星に住んでいた猫型宇宙人  私はゼータ星、つまりレプタリアンの星に住んでいました。住んでいたというより…

続きを読む

木星には生命体が存在する

第260回2011年8月14日  はい、こんにちは。  久々に宇宙のお話です。  2011年8月5日にNASAは、フロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地から、木星探査機「ジュノー」を載せたアストラVロケットを打ち上げ、無事成功しました。  木星への到着は5年後の2016年の予定であります。 1.木星探査機ジュノー   はい、NASAの木星探査は、1989年に打ち上げられた「ガリレオ…

続きを読む

自民党も政権担当能力なし

第258回2011年7月24日  はい、こんにちは。  民主党政権は内外ともに国難をもたらしただけの、どうしょうもない無能政権でありました(ヒデさんの中では既に過去形)。仮に総選挙が実施されて、また自民党に政権が戻ったとしても、同じですね。  う~ん、イメージとすれば、「体(てい)の悪い明治政府が一旦できたのだけれども、結局何をやらせてもダメで、また徳川幕府に戻ってしまった」という感じでし…

続きを読む

ヒビが入ってきちゃった

第253回2011年6月3日  はい、こんにちは。  いや~、ひどい三文芝居でしたね。6月2日のあの衆院本会議。  これまでもすべてをウソで塗り固めてきた菅首相は、さらに厚塗りのウソを塗り、笑った拍子に顔にヒビが入ってきてしまいました。  しかし何なのでしょうか、あの鳩山さんは、たしか以前、「議員を辞めます」と言ったはずだったのですが、まだちょろちょろと動き回り、結果的に更に国政を混乱さ…

続きを読む

早く菅内閣を倒せってば!

第252回2011年5月30日  はい、こんにちは。  震災発生から早くも2ヶ月半が過ぎたと言うのに、未だに被災地に明確な支援を実施しない無策無能民主党政府。放射能汚染問題も風評被害も、これはもはや人災です。 1.菅直人が被害を拡大させた  福島第一原発の1号機で、海水注入を中止させた菅直人は、嘘と欺瞞とペテンとを取り混ぜて、原発被害を拡大させました。  と言うのは、当初、東電は、…

続きを読む

「菅」製不況

第251回2011年5月14日  はい、こんにちは。  いや~、また風邪を引いてしまいました。連休に出かけ、風邪を引き、そのまま今日まで病みっぱなしです。今回の風邪もしつこいです。菅首相なみです。 1.暴走する「菅」  5月6日、菅首相が中部電力浜岡原子力発電所の「運転停止要請」を、誰にも相談なしに唐突に発表しました。関係大臣も他の内閣閣僚も知らないのに勝手に決めてしまいました。 …

続きを読む

航空母艦「ヤマト」を造れ

第249回2011年4月17日  はい、こんにちは。  大災害時には、瞬時の初動対応が必要です。  それにしても、菅政権は、今までいったい何をやっていたのでしょうか。震災後一ヶ月以上もたっているのに、4月14日、今頃「復興構想会議」なるものを立ち上げました。  今や、被災地の各首長や住民は怒りのピークに達しています。 1.対応の悪さが被災住民を怒らしている  まず、4月9日(土)…

続きを読む

ノストラダムスの新予言

第247回2011年4月2日  はい、こんにちは。  1550年代、アンリー王朝の典医として仕え、さまざまな「予言」を行い、あの有名な予言集「諸世紀(センチュリーズ)」を発刊したノストラダムス。  そのノストラダムスは現在、霊天上界の八次元如来界にあって、今回新たに、地上にいる再誕の仏陀(エル・カンターレ)を通じて、「新諸世紀」とも言うべき予言を行いました。 1.私が行った予言につい…

続きを読む

八ッ場ダムを返せ!

第246回2011年3月30日  はい、こんにちは。  民主党政権が、「コンクリ-トから人へ」と言って、既に7割ぐらい出来上がっていた八ッ場(やんば)ダムを中止してしまいました。  今回の大震災で福島の第一原子力発電所が壊滅的となり、電力不足で国民生活がまるで戦時中のような状態となってしまいました。あの八ッ場ダムが完成すれば、少しは電力の供給がフォローできるはずなのに、あの愚か者民主党政権…

続きを読む

日本の復興のために必要なもの

第244回2011年3月15日   はい、こんにちは。前回、この未曽有の大震災をもたらしたのは、この民主党左翼政権だと申し上げました。   この民主党政権では日本はだめになってしまします。さて、第2次菅改造内閣が発足して、早くも2カ月を迎えますが、その目玉は、元自民党で、たちあがれ日本を立ち上げたばかりで、そこを飛び出した与謝野馨(経済財政大臣)じいさんと、元財務大臣の藤井裕久(副官房長官)…

続きを読む

中国のバブル崩壊が始まった

第242回2011年3月4日   はい、こんにちは。いよいよ中国のバブルがはじけてきました。   チュニジアから始まった国内暴動は、エジプトなど他の北アフリカ諸国に派生し、あの独裁者のカダフィ大佐が40年以上も国家を牛耳るリビアなどは、閣僚や軍部の一部も造反し内戦状態となってしまいました。   さて、その北アフリカ諸国の暴動と、中国のバブル崩壊の始まりにはどのような関係があるというのでしょ…

続きを読む

ハルマゲドン

第238回2011年1月13日   はい、こんにちは。   中東はますますきな臭くなってまいりました。   1948年にイスラエルが建国された結果、そこに住んでいたアラブ人が追い出されてしまいました。あれから63年ぐらい経っておりますが、まだブスブスと火種が燻っております。さて、中東情勢はこれからどうなるのでしょうか。 1.2000年以上に亘る怨念の戦い    1948年にイスラエ…

続きを読む

海保の保安官を守れ!

<海保の保安官を守れ!>第229回2010年11月13日   はいこんにちは。   今、世間では海保保安官のビデオ流失事件で、国家公務員の守秘義務違反だとか言って「ワアわあ」騒いでおります。   そもそもあのビデオ内容が国家秘密に該当するのでしょうか。   米国との「核密約」の内容こそ国家秘密であって、「国民の知る権利が大事である」と言って、この密約を暴いたこの政権の判断力のなさは、もう…

続きを読む

憲法9条を改正せよ!

<憲法9条を改正せよ!>第228回2010年11月7日   はいこんにちは。   沖縄の島々では、尖閣問題が重大な脅威となっています。那覇市内、石垣島で「日本を守れ!日米同盟を強化せよ!」というデモ行進がありました。この実態をマスコミは一切報道しません。いったい、この国のマスコミはいったいどちらを向いて報道しているのでしょうか。 1.中国を擁護するマスコミや政府    尖閣問題で、中…

続きを読む

習近平の正体

<習近平の正体>第226回2010年10月24日   お久しぶりです。   中国の習近平が胡錦濤の後を継ぐ次期国家主席に事実上内定したようです。   さて、この意味がお分かりになりますでしょうか。どこのマスコミでも、この人の本質は分かっておりません。   今回、再誕の仏陀様が習近平の守護霊を呼んで、考えていることを聞き出しました。皆さんが子供手当てを貰って浮かれているうちに、最悪のシナリ…

続きを読む

尖閣問題について

<尖閣問題について>第225回2010年9月28日   はいこんにちは。   尖閣諸島における、漁船船長逮捕事件で、かなり中国は一方的にヒートアップしてますねえ。まあ、いつもの手口ですけどね。   それにしても、日本政府は言われっぱなしの上、なんと船長を帰してしまいました。あ~あ、なんと弱腰であることか、情けない。   中国に対し、唯一、火を吹いたのは、やはり石原東京都知事でした。日本で…

続きを読む

キッシンジャー博士が読む今後の世界

<キッシンジャー博士が読む今後の世界>第223回2010年9月12日   はいこんにちは。   今回は、アメリカの政治家であり、国際政治学者であるキッシンジャー博士の守護霊から、これからの世界の動きを読んでもらいました。   博士は、ニクソン、フォード両政権のもとで、国家安全保障問題担当大統領補佐官、国務長官を歴任し、米中和解や米ソのデタント(緊張緩和)政策を推進した、非常に国際情勢を読む…

続きを読む

福沢諭吉はすごかった

<福沢諭吉はすごかった>第222回2010年9月9日   はいこんにちは。   今、円高が進み、無策の日本政府と日銀が責められて困っています。   経済評論家と言われる、頭の悪い方々も、「このまま円高が進めば、輸出産業が大打撃を受ける」とか、「これ以上、国債が膨らみ続ければ、ギリシャのように財政破綻する」などと、のたまわっています。   本当にそうなのでしょうか。 1.過去、円高で…

続きを読む

日本を破滅に導く菅総理

<日本を破滅に導く菅総理>第220回2010年9月1日   はい、こんにちは。   やはり、民主党代表選挙が実施されることとなりましたね。   前回の小沢氏の守護霊のお話のとおりに進んでいるように思われます。   それでは、なぜ、菅総理ではいけないのでしょうか。 1. 経済音痴+政治家としての資質に欠ける菅首相   急激な円高により、日本経済は苦しんで、あちこちから悲鳴が上がって…

続きを読む

民主党代表選に出馬した小沢一郎氏の本音

<民主党代表選に出馬した小沢一郎氏の本音>第219回2010年8月28日   はい、こんにちは。   8月26日、小沢一郎氏が民主党代表選出馬を表明しました。   小沢氏は、今年の6月に鳩山首相とセットで民主党幹事長を辞任したばかりです。また、ご自分の政治資金問題で検察審査会が待機しています。ではなぜ今、代表選に打って出たのでしょうか。マスコミはまだ、小沢氏出馬の本音に迫ることはできていま…

続きを読む

自ら悪霊を呼び込むタイプの人

<自ら悪霊を呼び込むタイプの人>第217回2010年8月18日   はい、こんにちは。   世の中には、自ら悪霊を呼び込む心を持っていることを知らないで生きている方が多いものです。その辺にゴロゴロいます。悪霊を呼び込むとどうなるかと言いますと、憑依という現象が起こります。悪霊に憑依されたら、あなたの体が悪霊に乗っ取られます。さあ、大変です。あなたの人生はめちゃめちゃとなって、地獄行きの特急列…

続きを読む

天照大神が怒る

<天照大神が怒る>第213回2010年7月19日   はい、こんにちは。参議員選挙も終わりました。   今、日本神道の主宰神である天照大神(あまてらすおおみかみ)が怒っています。なぜ怒っているのでしょうか。そしてこれからの日本は、どう展開していくのでしょうか。それでは、天照大神からの霊示をお伝えしましょう。 1.菅政権の本質   天照です。   菅政権が発足して、これからの日本はど…

続きを読む

凶作時に年貢を上げるとどうなるか

<凶作時に年貢を上げるとどうなるか>第212回2010年7月7日   はい、こんにちは。今回は国内問題です。   参議院選挙戦も終盤にかかり、各党は色んなことを言っておりますが、とりわけ政権与党である民主党が政策を牛耳ることになれば、日本の運命はどつぼに嵌ります。さあ、それをご説明しましょう。 1.増税と経済成長   菅首相が言っているのは「増税と経済成長」です。そんなもの、両立する…

続きを読む

マスコミが日本を滅ぼす

<マスコミが日本を滅ぼす>第211回2010年7月5日   はい、こんにちは。   今、霊天上界の預言を専門に行っている方々の間では、マスコミが操作する情報によって、日本は奴隷国家になってしまうというのが大方の読みです。   今回は、あのガンジーの暗殺、ケネディ大統領の暗殺を預言的中させた、ジーン・ディクソン(1918~1997)からのお話です。 1.日本に迫る「奴隷国家」としての危…

続きを読む

アセッションの本当の意味

<アセッションの本当の意味>第210回2010年7月1日   はい、こんにちは。   今回は、アセッションの本当の意味についてお話してみましょう。 1.アセッションの本当の意味   アセッションという言葉が世間を騒がせておりますが、その本当の意味を知らない方があまりにも多いようです。   宇宙の構造については、以前お話しましたが、霊界を抜きにしてこのアセッション問題や宇宙は理解でき…

続きを読む

本当にあるアブダクション

<本当にあるアブダクション>第209回2010年6月27日   はい、こんにちは。   今回は、アブダクションについてのお話です。 1.アブダクションは実際にある   「アブダクション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。   それは、宇宙人たちが地球人をさらう「誘拐」のことですね。現実にあります。   ある種の宇宙人たちが、円盤の中から牽引ビームを照射して、夜中に睡眠中の人…

続きを読む

宇宙の霊的真実-3:レプタリアン

<宇宙の霊的真実-3:レプタリアン>第208回2010年6月21日   はい、こんにちは。   地球系霊団の最高神、エル・カンターレ報告第3弾です。   今回は、爬虫類系宇宙人レプタリアンの実態です。 1.地球での覇を競うレプタリアン   地球に最も古くから飛来している宇宙人であるレプタリアンは、既にかなりの数が地球人として暮らしています。   それは、エル・カンターレが、究極の…

続きを読む